CORPORATE PROFILE
商品・技術
トップページ > 商品・技術 > 自然共生

自然共生

アイコン 自然共生
USAMIの自然共生
より豊かな生活環境の創造を目指し『自然と共生する』
システムとして自然環境復元技術を研究しています。
間伐材活用ナチュラルウッド護岸工法とは?
植林された木々の密度を調整するために、一部の木を伐採することを間伐といい、
伐採された木を間伐材と呼びます。
「間伐材を使うことが森林の整備につながる」と間伐材の利用を促進する動きも。
間伐材の活用化に取り組むことにより、自然の美しい景観を確保するとともに、
水辺の生態系をやさしく保全でき、さらに川の源でもある山を災害から
守ることにもつながります。耐久性にもすぐれ、最適な工法です。




自然共生型川づくり
ポイント1
□自然素材(土木つちとき)で川を守り、人を守る
□河川改修後も在来生物が棲み続けることが出来る。
□人と川とのかかわりが続くことで、自然も文化も守られる
 
間伐材を活かす工法の目的
ポイント2
□間伐材の利用促進
□多孔質空間の創出
□自然素材は自然に戻り廃棄物は発生しない
□人口の減少も前向きに捉え、川のダイナミズムを取り戻すチャンスとする
□自然の維持には撹乱も必要
 
どのような自然が戻ったか
 
□土砂が堆積した箇所の植生が水面に木陰を創出
□多孔質空間の創出による小動物の棲み処、避難場所の創出

戻った自然
 
安全性は?
 
□法肩を超す出水が2回あったが破壊されなかった
□想定以上の河床洗掘があったが崩壊や
 大きな変異はおこらなかった
□杉の間伐材を活用した護岸工でも腐朽しなければ
 その機能は十分に果たす
安全性
 
自然との共生
ポイント5
□植生の回復は、人の手を加えなければ外来種が多くを占め、在来種の自然回復をさせるには
 人的関与が必要である。
□試験施工した川では、釣りをする人・おち鮎を網で取る人と、川に入る人を多く見かけます。
 
資料請求電話:0120-533-318 FAX:0584-89-7733
トップページへ戻る

サイトマップ

施工実績
分野別
工場・倉庫・事務所
店舗
医療福祉・教育
 
地域別

工事完了アンケート
現在施工中
現在施工中
東京賃貸マンション
東京賃貸マンション
商品・技術
瓦リサイクル K-グランド
遮熱塗料 エコガラスコート
太陽光発電
戸建賃貸住宅
高精度赤外線診断
マンション大規模修繕
住まい造り
自然共生
地域・環境への取り組み
環境配慮
地域配慮
採用情報
新卒採用
先輩からのメッセージ
中途採用
中途採用エントリーシート
インターンシップ情報
会社情報
会社理念
社長挨拶
会社概要
会社沿革
本社アクセス
最新情報BLOG
プライバシーポリシー
新規業者様募集要項
お問い合わせ