CORPORATE PROFILE
商品・技術
トップページ > 商品・技術 > 住まい造り

住まい造り

アイコン 住まい造り
USAMIの取り組み
住宅は生涯に於いて、非常に高価な買い物の一つ。
住まい造りをお考えの方に家づくり基礎知識のご紹介。
マイホームを建てる前に豆知識をチェック!
住宅はあなたの生涯に於いて、
非常に高価な買い物の一つです。
そして、その環境は住まわれる人にとって
大きな影響を与えていると考えています。
宇佐美組は、住まわれる人、それぞれにとってより良い環境とは何かを、
考えながらしかもそのなかに、ごくごく普通でありながら、
あなたのオリジナリティを持った住宅(憩いの場)の計画が大切と考えています。
住まいづくりのスケジュール
 1)契約まで
◎まずは「予算」の把握から →資金計画 自己資金、返済額、返済期間
最初にしておきたいのはわが家の「予算」をしっかり把握しておくこと。
自己資金や返済可能額をもとに借入額のアドバイスからお手伝いします。
◎どんな家にしたいか家族みんなで話し合おう
最初は間取りや工法などにとらわれず「新居でどんな生活をしたいのか」
という視点(すまいるシート)で考えてまとめておくと良いでしょう。
すまいるシートには間取りや設備、こだわりなども記入しましょう。
◎見積依頼の前に設備、建材の情報収集を
設備・建材は家全体の費用に大きく関わります。実際にカタログ等をとりよせて
どのグレードの商品で良いかなどコストに影響する部分だけでも伝えましょう。
土地調査も費用にかかわるので詳細調査も実施しましょう。
◎住宅ローンの申し込みも同時に進めましょう
手続きにはいろいろな書類が必要です。作成したスケジュール表(記入用)をもとに
計画的に行ないましょう。
◎契約は詳細プランと仕様を確認してから
契約後にさまざまなプラン変更をすると工期が遅れたり、追加料金が発生して
予算オーバーという事態にもなりかねません。
「キャンペーン期間中」などの言葉に惑わされないようにしましょう。
pdfダウンロード 住まいるシート      pdfダウンロード スケジュール記入表      pdfダウンロード スケジュール説明表
 2)工事開始までの流れ
仮住まい探し
引  越
近隣挨拶
地鎮祭
 3)工事着工→完成→入居


代表的な工法(木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造)
 ■鉄筋コンクリート造の場合
 長  所
  • 意匠の自由度が高い
  • 耐震性、耐火性・遮音性・耐久性に優れる
  • 税法上も他の構造に比べて耐用年数が長い
 
 短  所
  • コンクリートの養生期間のため、工期が長い
  • 地業工事(杭・地盤改良)等で費用のかかる場合がある
  • コストはややかかる
 ■鉄骨造(重量鉄骨造)の場合
 長  所
  • 柱の本数が少なくでき、大きな窓や階高のある大空間などより自由な間取りが可能
  • 店舗・事務所併用住宅や賃貸併用住宅が計画しやすい
  • 耐震性・耐久性に優れる
 
 短  所
  • 鉄筋コンクリート住宅と同じように大きな基礎が必要
  • 地盤により工事費が高くなる場合がある
 ■木造の場合→木造軸組工法(在来工法)・2×4工法・プレハブ工法
木造軸組工法(在来工法)
昔からある伝統的な工法で、
日本の一戸建て住宅のほとんどがこれにあたります
 
 長  所
  • 日本的な和風建築に適している
  • 幅広いプランニングが可能
  • 増改築がしやすいる
  • 通気性に優れているため、日本の風土に適している
 
 短  所
  • 予算を切り詰めすぎると粗悪な建築になる恐れがある
2×4工法
北米で誕生した工法でアメリカやカナダでは
ほとんどがこの工法です
 
 長  所
  • 縦揺れ、横揺れを面全体で受け止めて分散するので地震・台風に強い
  • 耐火性・遮音性・断熱性に優れ高気密性が保たれる
  • マニュアルに沿って施工できるので品質のバラツキが少ない
 
 短  所
  • 壁で間取りを構成するため開口部を大きく取りにくい
  • 増改築しにくい場合がある
プレハブ工法
予め工場で部品の加工・組み立てをしておき、現場では
取付を行うのみ。木質系、鉄骨系、コンクリート系がある。
 
 長  所
  • 生産性が良いため低コスト
  • 工期が短く、品質も均一
 
 短  所
  • 間取り、仕様等に自由度が低い
  • 増改築しにくい
 
住まいづくりにかかるコスト
家の値段っていまひとつ分かりにくい。「坪単価」、「別途工事費」とか
実際いくらかかるものか分かりません。そんなあなたに分かりやすく解説します。

 本体工事費

大手ハウスメーカーや新聞の折り込みチラシなどの「坪○円」というのが本体工事費です。
基礎や壁、屋根など家本体にかかる費用です。これが総額の70〜80%を占めます。
 
 別途工事費

既存住宅の解体費、土地の改良費、外構工事、冷暖房費、アンテナ工事から カーテン取付などのインテリア工事もここに含まれます。総額の15〜25%を占めます。
 
 諸経費

これには細かくいろいろあります。税金登記費用(印紙税や登録免許税など)、住宅ローン手続き費用、 引越仮住まい費用、電化製品、家具類などです。総額の5%〜10%くらいは見込んでおきましょう。
 
 その他

設計監理を設計事務所に依頼する場合はその費用も発生します。
 
住宅ローンの種類と内容
公的融資と民間融資(銀行、ノンバンクなど)、フラット35に分類されます。
公的融資には財形住宅融資、地方自治体融資があります。
 ■公的融資
 財形住宅融資

財形住宅金融鰍ェ運営する民間ローンですが、公的融資に近い特徴があります。勤務先に財形貯蓄制度が必要です。
 
 地方自治体融資

自治体内に勤務または居住している人が対象です。 融資を受けるのに一定の条件があります。
 
 年金住宅融資

厚生年金か国民年金に3年以上加入している人に対し保険加入期間に応じた住宅資金を融資する制度です。
 
 
 
 ■民間融資
 フラット35

住宅金融公庫と銀行などとの提携による住宅ローンです。
 
 民間住宅ローン

種類が豊富で審査も比較的ゆるやかです。金利は固定、変動の2種類です。信頼実績に応じた優遇金利があります。
 
 年金住宅融資

厚生年金か国民年金に3年以上加入している人に対し保険加入期間に応じた住宅資金を融資する制度です。
 
 
 
資料請求電話:0120-533-318 FAX:0584-89-7733
トップページへ戻る

サイトマップ

施工実績
分野別
工場・倉庫・事務所
店舗
医療福祉・教育
 
地域別

工事完了アンケート
現在施工中
現在施工中
東京賃貸マンション
東京賃貸マンション
商品・技術
瓦リサイクル K-グランド
遮熱塗料 エコガラスコート
太陽光発電
戸建賃貸住宅
高精度赤外線診断
マンション大規模修繕
住まい造り
自然共生
地域・環境への取り組み
環境配慮
地域配慮
採用情報
新卒採用
先輩からのメッセージ
中途採用
中途採用エントリーシート
インターンシップ情報
会社情報
会社理念
社長挨拶
会社概要
会社沿革
本社アクセス
最新情報BLOG
プライバシーポリシー
新規業者様募集要項
お問い合わせ